子供の腕の鍛え方

子供の腕を鍛える

少年野球でバットにボールを当てるのが上手でもなかなか、強い打球が飛ばないのが悩みです。素振りも早いのですが、腕の力がなさすぎます。
体を使えばヒットは打てますが、少しは腕の力も鍛えることを考えると、投球にもバッティングにも効果が出てくるのではないでしょうか?

 

ただ成長期の子供でしたら過度な筋肉をつける必要はないと思います。
成長する方が大切です。
腕の筋肉を鍛える目安は、年齢×2倍の腕立て伏せが出来る程度です。

 

 

 

 

子供の腕を鍛える方法エントリー一覧

親子で腕を鍛える
子供は年齢×2倍の腕立て伏せが出来て当たり前だと言います。10歳なら20回ですね。もしできないなら腕を鍛えましょう。やり方は簡単ですが親の手伝いが必要です。赤ちゃんのハイハイが少ないと腕の力が弱いと言います。この時行う方法です。親は子供の両足を持ち、子供は腕だけで歩きます。これはかなり腕の筋肉が上達しますし、道具も場所もとりません。最初はきついのでゆっくりと段々早く行けるようになります。コツは足を使わずに腕だけで歩くようにします。更にもし、子供が猫背だったら、足と腕を両方使うと、背筋が鍛えられ猫...
鉄無垢の「知恵の輪」で腕を鍛える
知恵の輪ですが重さが900グラムあります。子供のころに知恵が付くと良く行う知恵の輪と鉄アレーが、一緒になった商品です。これを子供の腕を鍛えるのに使用してはいかがですか?考えながらダンベル運動を行います。また輪をはずしたり、元の通りに組み立てたりと時間を決めながら行えるので、楽しみながら行うと言った感覚で長くできそうなトレーニング方法です。初心者用と慣れた方用がありますが、知恵の輪自体が簡単なので大人ではダンベルの代わりにはならないとの口コミ情報もあります。子供が行うにはいいのではないでしょうか?...

「VPSサーバー」を借りてみよう!