インチャクトレーニング

肩甲骨の可動域を広げるトレーニング方法

野球は投げる、打つ、走ると様々な動作が要求されるスポーツです。
投げるには『肩甲骨の可動域』がかなり重要な要素となります。また走る、打つにおいても肩甲骨のインナーマッスルが重要な要素となります。
肩甲骨の可動域広げ、インナーマッスルを鍛える方法の決定版がインチャクトレーニングとなります。

 

インチャクトレーニング,ローテーター・カフ, 肩甲骨,インナーマッスル

インチャクトレーニングの詳細

インチャクトレーニングでは肩甲骨の可動域を広げて、肩甲骨の下にあるインナーマッスルまで鍛えることができるトレーニング方法となります。
肩甲骨の可動域とインナーマッスルを鍛えることで、野球肩の防止にもなり、遠くまで速いボールが投げられるようになります。

 

投手でしたら、怪我をしない速球派投手を目指すならインチャクトレーニングはお薦めです。
また投手でなくても、打撃でのパフォーマンスを高めるためには必要な筋肉となります。

 

またトップアスリートたちは肩甲骨が鍛えられ出ている状態を『魔法の翼』『天使の羽根』といい、かなりトレーニングに重要視しているといいます。

 

 

肩甲骨を鍛えることで投打に活躍する選手を目指しましょう

 

トレーニング方法

  • 8秒間3セットの簡単なトレーニング
  • 好きな時間に行える
  • スポーツ選手以外にも肩こり、二の腕のたるみにも効果あり
  • 家族全員で使える方法

 

 

ローテーター・カフとは?

インチャクトレーニングではトップアスリート達も注目している『ローテーター・カフ』を鍛えることができます。
ローテーター・カフとは、肩を支える3つのインナーマッスルを事を指しますが、ローテーター・カフを鍛えることで腕を使う全ての動作がスムーズに行えるようになります。

 

野球はもちろん、ゴルフ、バスケットボール、バレーボール、テニス、水泳など様々なスポーツ選手がローテーター・カフのトレーニングに力を入れています。

 

「投げる」、「腕を振る」、「腕を伸ばす」、「肩を回す」等が上手く出来たら野球技術も確実にアップすることと思います。

 

 


「VPSサーバー」を借りてみよう!